MENU

アレグラを安心して購入できる通販

 

花粉症治療薬アレグラを通販で買うなら、

  • 正規品100%保証
  • 送料無料
  • 迅速発送

のベストケンコーがおすすめです。

 

>>アレグラ通販はこちら


市販薬アレグラFXとの違い

 

アレグラには

  1. 市販薬のアレグラFX
  2. 病院で処方される通常のアレグラ錠

の二種類があります。

 

どちらもフェキソフェナジンという有効成分を配合しており、
基本的に効果に変わりはないとされます。

 

しかし、実際には市販薬より病院で処方されるタイプの
アレグラの方が効く!
との口コミがあります。

 

最近花粉症を発症したのですが市販のアレグラだと完璧には効いてくれず、、。 180mgの取扱いがあるみたいなのでこちらで購入させていただきました。 今のところ鼻水もくしゃみも収まっています。これからより花粉症がつらい季節になるのでまとめ買いです。市販よりも安く手に入ってよかったです。
引用元:https://xn--t8j4c1az540f.com/detail.php?pid=100

 

理由は、おそらく配合量の違いでしょう。
アレグラFXにはフェキソフェナジンが120mg入っていますが、
市販薬ではない通常のアレグラ錠には180mgのものがあります。
当然ですが、180mgの方が効果があります。

 

なので、あえて市販薬ではない”通常のアレグラ錠”が欲しい
という人は多いんです。


アレグラは通販禁止!?

 

ネットで「アレグラは通販が禁止」という情報を
見かけたかもしれません。

 

たしかに2014年に薬事法の改正で
市販薬アレグラFXもネット販売できない薬の1つになりました。

 

しかし、現在では通販での購入が可能です。
試しに楽天やAmazonでアレグラと検索してみると
販売している業者が多数でてきます。
もし全面禁止にしているなら、こんなに堂々と販売できないでしょう。

 

実をいうと、これにはカラクリがあるんです。

 

市販開始から原則三年の安全性評価期間が終われば ネットでも販売が可能になります。
引用元:http://kafunshoutaisakku1.blog.so-net.ne.jp/2015-02-11-5

 

つまり、3年間かけて安全性に問題ないと判断されれば、
通販が解禁されるんですね。

 

アレグラは市販から3年がたち、かつ、安全性が高いと評価されたので、
現在では普通にネットで買えるようになりました。

 

病院で処方されるアレグラは?

 

病院で処方されるタイプのアレグラ錠も、
通販で買えるのでしょうか。

 

結論からいえば、買えます。

 

本来は処方箋が必要なお薬なので、市販では買えません。
しかし、海外から個人輸入する場合にかぎり、
処方箋なしでも手に入れることができます。

 

個人輸入というと面倒な手続きがあるイメージですが、
実際には手続きは全て業者が代行してくれます。
普通のネットショッピングと同じ感覚で買えます。

正規品を安心して買うには?

 

個人輸入のお薬を取り扱う業者は色々あります。
選ぶポイントは「正規品保証」があるかどうか?です。

 

海外には一部で偽物の薬が出回っているとの噂があります。
偽物をつかむリスクを避けるために、
きちんとした保証をつけている業者から買うのが賢明です。

 

私がいつもお世話になっているベストケンコーは
100%正規品保証制度があるので安心です。
発送が比較的早いのも助かります。

 

>>【ベストケンコー】アレグラ通販はこちら

 


ジェネリックもあります

 

アレグラにはジェネリック医薬品もあります。

 

ジェネリック医薬品とは、有効成分が同じの後発品です。
通常版よりも安いのがメリットです。

 

アレグラのジェネリック薬には、
大手製薬メーカー・ルピン社のFEXY
というものがあります。
有効成分はアレグラと同じフェキソフェナジン塩酸塩です。

 

もし少しでも安い方がいい!というのであれば、
アレグラジェネリックがおすすめです。

 

>>【ベストケンコー】アレグラジェネリックはこちら


アレグラの効果と副作用について

 

アレグラが効かない場合

 

アレグラは花粉症に効果が高いと定評です。
しかし、中には効かない人もいるようです。

 

単純に、体質や症状によって薬が効きにくいことは考えられます。
(これはアレグラ以外のすべての薬にいえます。)
また、アレグラは飲んですぐに効果がでないこともあるので、
3日間程度は継続して飲んでから効果を検証してみるといいです。

 

朝夕の食後に飲む人が多いと思いますが、
効果を最大限に引き出すには食前に飲む方がいいです。
もし効き目が弱いと感じた場合は試してみてください。

 

アレグラの副作用

 

副作用は、眠気、頭痛、目まい、吐き気などがあります。
一番多いのが眠気です。
アレグラに限らず、他の花粉症治療薬でも
副作用として眠くなることはあります。
アレグラは従来の花粉症治療薬よりも
眠気が出ないように改良された薬ではありますが、
それでは眠くなることはありえます。
眠気が出るようであれば、
車の運転や重要な会議がある時などは控えた方がいいでしょう。


アレグラの飲み方・飲み合わせ

 

アレグラ60rを1日2回(朝晩)飲みます。
(子供の場合は半分の30mg)
基本は食後に飲みますが、
食前など空腹時の方が効果は高くなります。

 

併用禁止薬は、抗生物質エリスロマイシンです。
その他に、風邪薬・胃腸薬とは飲み合わせは良くありません。
気を付けてください。

 

 

>>アレグラ通販はこちら