MENU

どっちがいい?アレグラとアレジオンの比較!併用はOK?

 

花粉症や鼻炎に効く医薬品として
“アレグラ”と“アレジオン”があります。
似たような効能を持つ薬ですが、
実は微妙に違うところもあるんですよ。

 

どんな違いがあるのか、
結局のところどちらがいいのか…
2つを比較しながら見ていきましょう!

 

 

アレグラとアレジオンの比較

 

効果は?

 

アレグラもアレジオンも
どちらも抗ヒスタミン剤の一つで、
アレルギーの原因となるヒスタミンという物質を抑え
アレルギー症状を緩和する効能があります。

 

この効果はややアレジオンの方が上という声もありますが、
実際のところ効果はほぼ変わらないようです。

 

 

飲み方は?

 

アレグラは60rを1日2回服用します。
60rで効果が約8〜9時間持続するため、
朝と夕の食後(食前でも可)に飲みます。

 

アレジオンは10〜20rを1日1回服用します。
就寝前に飲むのが一般的です。

 

 

副作用は?

 

どちらも比較的
副作用の少ないアレルギー薬だと言われています。

 

ただし、2つを比べると
アレジオンの方がやや副作用が出やすく、
人によっては強い眠気を感じることも…。

 

アレジオンが就寝前に服用をすすめられるのは
このためです。

 

共通する他の副作用には次のようなものがあります。

 

  • 頭痛
  • めまい
  • 倦怠感
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 口の渇き
  • 発疹

 

またアレジオンには頻尿や排尿痛など、
膀胱炎のような副作用が起きる場合があります。

 

 

結局どちらがいいの?併用はできる?

 

効果がほぼ同じとなると、
やはり副作用の心配がより少ない“アレグラ”がおすすめです。

 

「初めてアレルギー薬を飲む」
「眠気が強くならないか心配…」
という人も、
アレグラの方が安心して服用できるのではないでしょうか。

 

効果を高めるために併用すればいいのでは?
と思うかもしれませんが、併用はNG!

 

どちらも同じ効能を持つため、
併用すると作用が強まって副作用が出やすくなります。

 

症状が重いからと言って、
一緒に摂取することは避けましょう。

 

>>アレグラ 通販へもどる